知ってた?とろっと食感がクセになる、もんじゃ焼きの由来。

2016.10.05

「もんじゃ焼き」って、そもそも何?

IMG_9921re

その由来を探ってみました。

当店の看板メニューでもある「どろ焼き」の生まれは姫路。そしてお好み焼きと言えば、大阪。ではもんじゃ焼きと言えば?東京の下町ですよね。

どれも同じ鉄板焼きということで、セットのようになっていますが、どれも発祥の地はバラバラ。

IMG_9884re

そもそも、「もんじゃ焼き」ってどういう意味なんでしょう。
実はこれ、江戸時代から明治時代にかけて、子どもたちがだし汁でつくった生地で鉄板に文字を書いて覚えながら食べたのことから「文字(もんじ)焼き」と呼ばれるようになったのが始まりなんだとか。

そして、「もんじゃ焼き」と聞くと、駄菓子屋さんをイメージする方もいるかと思います。昔は、東京の下町・月島のあたりの路地裏にある駄菓子屋さんで、もんじゃ焼きを焼けるようになっていたそう。

4f8e26e93279328073b23c500fa574d0_s

店の奥に鉄板の焼台を置いて、小麦粉を溶いて薄く焼いたものにお醤油などをつけて子どもたちがおやつ代わりに食べていたんです。

そんな名残もあって、今でもこのあたりにはもんじゃ焼きのお店が連なっています。

この、もんじゃ焼きが次第に広まっていき、関西圏では「お好み焼き」という形になったようです。

なんとなく、みんなでワイワイ食べるイメージが強い、もんじゃ焼きにも意外な過去があったんですね。

食べ比べてみましょう!

もんじゃ集合イメージre

ということで今回は、もんじゃ焼きのルーツについてお話ししてきましたが、いかがでしたか?もんじゃ焼きって普段はなかなか食べないので特別なものになりつつありますが、実は昔は身近なところにあったんですね。

当店のどろ焼き、お好み焼き、もんじゃ焼きをぜひ食べ比べてみて、それぞれのおいしさを味わってみてくださいね!

アクセス
Access

喃風 池袋駅前店

喃風 池袋駅前店

住所
〒 171-0022
東京都 豊島区 南池袋2-27-5 カテイビル 4F
電話番号
050-7302-3138
営業時間
[月、火]
11:30~23:00(L.O 22:00)
[水、木、金]
11:30~23:30(L.O22:30)
[土・祝]
12:00~23:30(L.O 22:30)

[日・連休最終日]
12:00~23:00(L.O 22:00・ドリンクL.O 22:30)

日曜営業
定休日
年末年始
Webで予約