なんと9割以上が「好き」!世代を超えて愛される鉄板系粉もの。

2017.01.04

みんなに愛されている「粉もん」文化!

nanpu_04

世代を超えて大人気なんです!

こんばんは!喃風池袋駅前店です。喃風と言えば、「粉もの」居酒屋として皆さんから愛されていますが、「粉もの」って、わかりますか?

「粉もの」とは、いわゆる「小麦粉を主原材料とする料理」のことで、関西では親しみを込めて「粉もん」呼ばれることも。特に「粉もん文化」が発達している地域なんです。

そんな「粉もん」は、世代を超えて大人気!

9割以上が「鉄板焼き系粉もん」が好き。

IMG_9537re

青山ハッピー研究所「ハピ研」の調査によると、なんと9割の人が「鉄板焼き粉もん」が好きという結果に。老若男女、地域に関係なく、多くの方から支持されているのがわかりますね!なかには、「誕生日に食べたいものは?」と聞かれて「お好み焼き」と答えるくらい粉もんが好きという方も。これだけ多くの方から愛されているなんて、なんだか嬉しいですね。

d7204f6c5a25a9bde5ae435b7c3b1ee9_s

お好み焼きの本場である関西では、「関西人なので定期的にお好み焼きを食べないと耐えられない」という声も。やはりソウルフードになっているんですね。

でも、地域に関係なく、やはりお好み焼きやもんじゃ焼きといった「鉄板系粉もん」は食べたくなるものですよね。ご自宅でホットプレートでつくっている人も多いようです。

なかでも人気なのは「たこ焼き」

nanpu_02

なかでも人気なのが、ダントツで「たこ焼き」なんだとか。そういえば、喃風のどろ焼きが生まれたきっかけも「たこ焼き」からでしたね。

たこ焼きが丸くないといけない、なんて誰が決めたの?喃風のたこ焼きは、鉄板のうえで食べられちゃうんです。まだ食べたことがないって人は、ぜひ試してみてくださいね。味はしっかりたこ焼きなので、ご安心を!

「粉もん」を楽しんじゃいましょう。

original-2

ということで、今回は世代を超えて愛される「粉もん」文化について紹介してきましたが、いかがでしたか?ふとした時に、なんとなく食べたくなるのが「粉もん」の魅力。「あ、今日お好み焼き食べたい」と思ったら、ぜひ喃風池袋駅前店へ。(お好み焼きだけじゃなく、たこ焼き、どろ焼き、もんじゃ焼きでも…。笑)

今週も喃風池袋駅前店でお待ちしております!

 

喃風池袋駅前店 公式サイト
https://nanpuu-ikebukuro-ekimae.com/

アクセス
Access

喃風 池袋駅前店

喃風 池袋駅前店

住所
〒 171-0022
東京都 豊島区 南池袋2-27-5 カテイビル 4F
電話番号
050-7302-3138
営業時間
[月、火]
11:30~23:00(L.O 22:00)
[水、木、金]
11:30~23:30(L.O22:30)
[土・祝]
12:00~23:30(L.O 22:30)

[日・連休最終日]
12:00~23:00(L.O 22:00・ドリンクL.O 22:30)

日曜営業
定休日
年末年始
Webで予約