海外でも人気の日本のソウルフード!「粉もん」がやっぱり魅力的だった!

2017.01.23

海外でも人気の「粉もの」!

4267ca38fa1acb036d87b91b00a1d967_s

こんばんは、喃風池袋駅前店です。ちょっと寒さが和らいだかなと思ったら、やっぱり寒いですね。冬ですね…。

さて、そんな寒さを乗り切るために、今日もやっぱり鉄板焼き話!

ところで… 最近、池袋を歩いていると、海外からの旅行者が増えていることを実感します。実際に当店に来られる方も外国人の方が増えているんですよ。近年の和食ブームから、「日本食」って注目されていますが、なかでも最近海外の人が食べたがるのが「お混み焼き」「たこ焼き」といった粉もの。実際に海外から来た友達に「何食べたい?」と聞いたら、「お好み焼き」と言われたことも多々。ということで、その魅力を探ってみました。

野菜をたっぷり食べられるヘルシーさ。

a8cb36f252b44008d0254e386dab49fa_s

生野菜のサラダだと食べるのが大変な量の野菜も、粉と一緒に混ぜて焼けば、いつの間にかたっぷり食べられてしまうというヘルシーさがウケているよう。

ソースの味が印象的!

7f259ddce9236d454f8006645c1ef007_s

お好みソースの味が印象的という人も多いよう。お好み焼きに合うようにと、研究を重ねてつくられてきたお好みソースは、お好み焼きに欠かせないユニークな味になっているんでしょうね。なかなか海外では食べられない、この「ソース」の味が病みつきになって、「お好み焼きなら何枚でも食べられる!」という人もいるんです。

鉄板から生まれるコミュニケーション

nanpu_07

鉄板を囲んで食べる「お好み焼き」。知らず知らずのうちにコミュニケーションが生まれますよね。「もんじゃ焼き」なども、自分たちでコテを使ってつくれるのが楽しいよう。なかには、お店の鉄板を挟んで店主と交流が図れることなんかもありますよね。そういった食事のなかで生まれるコミュニケーションも魅力的に映っているようです。

海外の友達には「鉄板系粉もの」を!

44c4d738128c48d954f4f9647f57a06c_s

海外の人からも魅力的に映る「粉もの」!お寿司や、すき焼きといったちょっと高級な日本料理とは違い、お手軽にみんなでワイワイと楽しみながら楽しめるのも良いところなのかもしれません。海外の友達から「何がおすすめ?」と言われたら「お好み焼き」を食べに連れて行ってあげましょう。

その際には、ぜひ喃風池袋駅前店を使ってくださいね?

 

喃風池袋駅前店 公式ページ
https://nanpuu-ikebukuro-ekimae.com/

アクセス
Access

喃風 池袋駅前店

喃風 池袋駅前店

住所
〒 171-0022
東京都 豊島区 南池袋2-27-5 カテイビル 4F
電話番号
050-7302-3138
営業時間
[月、火]
11:30~23:00(L.O 22:00)
[水、木、金]
11:30~23:30(L.O22:30)
[土・祝]
12:00~23:30(L.O 22:30)

[日・連休最終日]
12:00~23:00(L.O 22:00・ドリンクL.O 22:30)

日曜営業
定休日
年末年始
Webで予約